お金を借りる際の金額

お金を借りる際の金額


メニュー
お金を借りる TOPお金を借りたら繰り上げ返済をカードローンは早めにお金を借りられるお金を借りるべきではない場合お金を借りる際の金額

必要最小限の金額だけ借入すること

お金がどうしても足りない場合には、カードローン会社からお金を借りることも選択肢になるでしょう。ここで注意しなければならないのは、借入金額です。カードローン初心者がよくやってしまう失敗例として、借りすぎがあります。

「もしかすると追加で費用が発生するかもしれない」「予測できない急な出費が発生するかも」と思って余計にお金を借りる人も多いです。しかしお金を借りる際の基本は、必要最低限の金額を借りることです。そのためにカードローンなどに申し込みに行く前に、必要な金額はいくらか大まかではなく具体的に算出しておくことです。

返済には利息が発生する

なぜ必要最小限のお金だけ借りるようにすべきか、それはいずれ返済しなければならないからです。返済する際には元金を返すほかにも、利息もプラスアルファで支払わないといけません。この利息は、借り入れた金額に対して一定の利率で発生します。借入額が大きくなればなるほど、それだけ支払うべき利息も大きくなります。ですから後々の返済負担も大きくなるわけです。

ちなみにこの利息は日割りで計算するのが一般的です。つまり返済期間が延びれば延びるほど、支払う利息額も大きくなってしまいます。借り入れた金額も大きくなると、返済期間もどうしても長くなります。このように考えると、必要最低限の金額だけ借りることが大事です。カードローン破産する人も多いですが、借りすぎが原因のケースも少なくありません。