お金を借りるべきではない場合

お金を借りるべきではない場合


メニュー
お金を借りる TOPお金を借りたら繰り上げ返済をカードローンは早めにお金を借りられるお金を借りるべきではない場合お金を借りる際の金額

返済するめどが決まっていない

お金が必要、でも手持ちがないというケースは社会人になればいろいろと出てくるでしょう。その場合、お金を借りるのも一つの方法です。現在ではカードローンのお店もいろいろとあって、ネットからでも手軽に借り入れの申し込みができます。しかしこのようなお店でお金を借りるのが好ましくないケースもあります。

まずは返済する当てがないケースです。とりあえず当座をしのげればいいと思って、返済計画をロクに立てずにお金を借りる人もみられます。しかし結局いざ返済期限が迫ってきてお金がなくて、別のところから借金をして、結局、多重債務者になってしまう人も多いです。本当に返済できるのか、無理そうであれば別の方法で問題を解決することも検討しましょう。

無職の方は借り入れできない

カードローンは幅広い方に利用してもらえるようにしています。パートタイマーやフリーターのような定職についていない人でも収入があれば、貸し出すようなところもあります。

しかしそのような広く融資を実行しているカードローン会社でも収入のない無職の方には融資を行っていません。お金が入ってこないのに貸したお金が戻ってくるとは到底思えないでしょう。無職の方はまず就職先を見つけることが先決でしょう。

友達からお金を借りるのは避けるべし

友達からお金を借りる方法もあります。気楽に借金できるかもしれませんが、もし返済できなければそこから関係がこじれる可能性もあります。大事な友人関係を壊さないようにも、知り合いからお金を借りるのは避けた方がいいです。